スポンサーサイト

  • 2007.05.04 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


感謝!!!

ONKYO YOBIKO SPECIAL!終了いたしました。

来ていただいた方、出演者のみなさま、本当にありがとうございました!
色々と至らないところも多かったと思いますが、楽しんでいただけたでしょうか?

後日、セットリスト等アップしたいと思いますので、もう少しお待ち下さい。
写真もアップしたいのですが、デジカメず〜っと故障中で写真撮れておりません。
なので、良い写真あるよ!と言う方は↓まで送ってくださらないでしょうか。
mugenbeat_like_drawing_the_number8@hotmail.com

Today is the day!

日付も変わっていよいよ本日!
皆様、会場の場所はおわかりでしょうか。
一応地図を張っておきますので、どうぞ!

南海難波方面からなら、戎橋筋を北進していただいて、三木楽器とクレープ屋さんのある十字路を東に3つ目の交差点の手前右側にあります。

では会場でお待ちしております。
一緒に飲んで踊って楽しみましょう!
合言葉は『Don't Be Shy! Let's DANCE!!!』

リクエスト募集中!

ONKYO YOBIKOではリクエストを募集しております。

あの曲が聴きたい!あの曲で踊りたい!という方は
この記事にコメントするか
会場に置いてあるリクエスト用紙に記入してくださいね。

リクエストしてくれた方に先着で
こちらをプレゼント!
02230002.jpg
レコードみたいなCD-Rです。
内容は聴いてからのお楽しみ。
何パターンか用意する予定です。

現在鋭意製作中!
間に合うんやろか。
02230001.jpg
ご覧の通り思いっきり家内制手工業ですけど、
気持ちはこもってますんで、もらってやってください〜。

百景

さあ最後の出演バンド紹介をしましょう!
でも今更僕が百景を紹介する必要があるのか?という疑問がわいてくるほどに今の百景は関西インディーズシーンでは有名バンドですがね。


百景は2003年に結成されたギター、ベース、ドラムによる3ピースのインストゥルメンタル・バンドである。
これまでに
自主制作デモ音源『波と風』(2004年4月)
1stフルアルバム『Standing still in a moving scene』(2006年6月human highway records)

をリリースしており、human highway recordsのコンピレーション・アルバム『The Mixing of Landscape』にも参加している。
また、多数のライブ、イベント(MINAMI WHEEL06等々)に参加しており、自主企画イベント『冬場所』、共同企画イベント『フラグメンツ』も行っている。

そのサウンドは、ギター、ベース、ドラムのたった3つの音で構成されているとは思えぬほど多彩で表情豊かである。それは昔の歌人が五・七・五や季語といったルールの中で無限の世界を描こうとした姿勢さえ連想されるほど。
『音に触れた人の中に様々な景色が広がるように』と名づけられたバンド名こそ、百景の音楽性そのものを表しているといえるかもしれない。

3月にアメリカのテキサス州オースティンで行われる世界最大の音楽見本市S×SWへの参加を直前に控えた今回のライブでは、いつも以上に素晴らしいステージが期待できる。
お見逃しなきよう!!!

百景
Guitar:ナカモト シュウヘイ
Bass:キヤブ ナツコ
Drums:タナカ ケン

百景オフィシャルHP http://www.geocities.jp/hyakkei_sound/

時間割発表!

いよいよ開催まで1週間を切りました!
きっと来週の今頃の僕らは楽しみすぎ飲みすぎでぶっ倒れていることでしょうよ。

では、お待たせしていたタイムテーブルを発表させていただきます!

ONKYO YOBIKO SPECIAL!
2006年2月25日(日曜日)
@ 心斎橋club STOMP


16:00 opening DJ
16:20 THE餃子(Live)
16:40 大谷塁土
17:20 米田直樹
18:00 源浩司BAND(Live)
18:20 森井佑介
19:00 古濱英治
19:40 百景(Live)
20:10 竹井将吾
20:50 丸山文佳
21:30 へスペシャンカ(Live)
22:00 closing DJ


※やむをえない事情によりタイムテーブルを変更させていただく場合があります。ご了承ください。

へスペシャンカ

本日はへスペシャンカについてご紹介!


へスペシャンカは似非浪漫のfujiseki、nonannにイシタニ(コトコト、ex.the octpus group、yogachang)を加えた3人で2006年3月に結成されたインストバンド。6月に初ライブを行い、その後オグラ(コトコト、ex.the octpus group、yogachang)が加入。現在はスタジオで今後の展開に向けセッションを繰り返す日々...

へスペシャンカ
Guitar:fujiseki
Trumpet:nonann
Drums:イシタニ
Guitar:オグラ
続きを読む >>

もういっちょ!

昨日に引き続き出演者追加情報です!

これで全部の出演者が出揃いました。
最後の枠はThe餃子。と書いてザ・チャオズと発します。
なめたバンド名してますが、音楽性はしっかりしてます。
中期〜後期にかけてのミッシェルに影響を受けたとおぼしきロックンロールサウンド。
メンバー全員10代で、これからどう発展していくか非常に楽しみなバンドです。


The餃子
Guitar、Vocal:ツダ
Guitar:アオヤマ
Bass:イケモト
Drums:ミヤモト

出演者追加!


やっとこさTHE VIEWのアルバム買いました。
うん、いいね!やっぱかけたくなってきました。

NUのタワーで買ったんですが、
そこでうちの部員の古濱英治と遭遇。(最近このパターン多い?)
細野晴臣のボックスを買うかどうか迷ってたよう。
で、DJしたいとオファーされたので、出てもらいます!
いつも意外な選曲で楽しませてくれるので、今回も期待大ですよ。


古濱英治の過去のセットリストはこちら↓
続きを読む >>

Down Townへくりだそう

金曜に源浩司BANDでスタジオ入りました。
練習時間の確保が難しく不安要素の多いバンドですが、なかなか良い練習ができました。本番が楽しみです。
否、楽しみにしててください!(あー、言っちゃった〜)

では、源浩司BANDについてご紹介いたしましょう。

源浩司BANDは、ギタリスト源浩司を中心に、このイベントのためだけに結成された、ソウル、ブルース、ロックなんかの楽曲を演奏するカバーバンドです。

源浩司BAND
Guitar:源浩司
Drums:竹井将吾
Bass:松原哲也
Keyboads:橋本真由子

Vocals:大谷塁土、津田ちゃん、丸山文佳
そう、今回のライブでは曲ごとに違うボーカルをご用意しております。
この3人以外にもスペシャルなボーカルも登場します。
普段はインストバンドに所属されている方で、ステージでは歌はもちろんMCさえもなかなしない方なので、その歌声はとても貴重!
なのでお聞き逃しなきよう!

ニューレイブ!?

猫も杓子もKLAXONSな今日この頃。みなさまいかがおすごしで?
(yonedaはアルバム買ったんかな)


KLAXONSを筆頭にニューレイブな人らのライブでは、オーディエンスは蛍光スティックをぶん回して踊り狂ってるらしいです。
なんだかちょっと楽しそう...な気がしないでもないです。

25日も誰かしらかけるやろうし、無料配布しようかと考え中。
そしたらみんな振り回して踊ってくれるでしょうか?
こんな風に...

それともなんか下衆い感じでいやでしょうか?
蛍光スティック配布は是か非か!?意見ください!

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
counter
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM